ブログとHow Toガイド | WhoisXML API

WhoisXML API Blog

サイバーインテリジェンスを活用したNIST CSF 2.0準拠

サイバーセキュリティはほとんどの組織にとって最優先事項であり、CEOの96%がビジネスの成功に不可欠と考えています。しかしその一方で、多くのCEOは、サイバー攻撃から組織を完全に守ることができないという悩みを抱えています。

組織におけるサイバーセキュリティ目標の達成を支援するため、米国国立標準技術研究所(NIST)は、広く採用されているサイバーセキュリティフレームワーク(CSF)を2024年2月に更新しました。NIST CSF 2.0は範囲が以前より拡大され、業種や業態を問わず全ての組織に適用できるようになりました。

効果的な外部IT資産検出のポイント

外部アタックサーフェス管理(EASM)業界は、ここ数年の間に爆発的な成長を遂げました。2023年第1四半期時点で数十社のベンダーがしのぎを削り、さらに多くのベンダーが市場に参入しています。

EASMソリューションの良し悪しは、それがどれだけ資産を可視化できるかに左右されます。目に見えていないものは管理できません。そのため、外部IT資産の検出はEASMの大前提であり、これによってEASM戦略・EASMソリューションの全体的な有効性が決まります。

WhoisXML APIを無料でお試しください
トップページ