| WhoisXML API



WhoisXML API Blog

ドメイン名動向ハイライト:2023年11月

WhoisXML APIの研究者がこのほど、2023年11月1日から30日の間に新規登録された870万を超えるドメイン名を分析し、最も多く使われていたトップレベルドメイン(TLD)やレジストラなどの傾向を調べました。

また、11月にセキュリティ侵害インジケーター(IoC)としてタグ付けされた110万のドメイン名について、そのTLDの使用状況や脅威の種類を調査しました。本調査の結果と、DNS、IPアドレスおよびドメイン名のインテリジェンスを用いてWhoisXML APIが作成した脅威レポートへのリンクを以下に示します。

11月の新規登録ドメイン名(NRD)をクローズアップ

TLDの分布

11月に登録されたドメイン名の82.8%は分野別TLD(gTLD)、17.2%は国コードTLD(ccTLD)を使ったドメイン名でした。

November 2023 NRDs by TLD type

新規登録ドメイン名(NRD)に最も多く使われていたTLDは、31.6%を占めた.comでした。トップ10の2位以下は、.org(19.2%)、.ru(2.8%)、.xyz(2.7%)、.store(2.6%)、.net(2.5%)、.top(2.5%)、.shop(2.5%)、.online(2.4%)、.site(1.9%)でした。

top TLDs of November 2023 NRDs

次に、NRDにおけるgTLDとccTLDの利用を別々に分析し、gTLDとccTLDそれぞれについて最も人気のあるTLDを特定しました。

635超のgTLDの中で最も使用されていたのは.com で、gTLDのNRD総数の38.2%を占めました。次に多かったのは.orgで、23.2%でした。さらに、.xyz(3.3%)、.store(3.2%)、.net(3.1%)、.top(3%)、.shop(3%)、.online(2.9%)、.site(2.3%)、.bond(1.3%)が続きました。トップ20の残りは以下のグラフの通りです。

top gTLDs of November 2023 NRDs

240を超えるccTLDの中で最も人気が高かったのは.ruで、11月のNRDにおけるシェアは16.5%でした。次いで、.uk(9.8%)、.cn(8.7%)、.de(7.5%)、.au(4.4%)、.fr(4.2%)、.xn--p1aiまたは.рф(4%)、.br(3.5%)、.it(3%)、.eu(2.6%)の順となりました。トップ20は以下のグラフの通りです。

top ccTLDs of November 2023 NRDs

レジストラの分布

2,900を超えるレジストラの中でトップの地位を獲得したのはGoDaddyで、NRDの14.2%を占めました。次いで管理ドメインが多かったレジストラはNamecheap, Inc.(8.1%)、Tucows Domains, Inc.(3%)、Dynadot, Inc.(6%)、Rebel.ca Corp.(6%)、Hostinger Operations, UAB(2.5%)、NameSilo, LLC(2.5%)でした。トップ10の残りは、Gname.com Pte. Ltd.(2%)、Alibaba Cloud Computing Ltd.(2%)、Chengaba Cloud Computing LLC(2%)、Chengdu West Dimension Digital Technology Co. Ltd.(1.6%)でした。

top registrars of November 2023 NRDs

WHOISデータの非公開化

11月のNRDの半数以上は、WHOISレコードを公開、または未編集の状態で表示していました。他方、46%はプライバシー保護を目的とした編集・非公開化を行っていました。

WHOIS redaction of November 2023 NRDs

DNSのレンズで見るサイバーセキュリティ

11月のIoCのトップTLD

11月にIoCとして検出された110万のドメイン名のTLDを当社で分析したところ、最も多く利用されていたTLDはIoCの16.6%を占める.comとわかりました。

また、約14.8%は.orgを、14.1%は.netを使用していました。.biz(9.8%)、.bazar(7.6%)、.info(4.6%)、.life(3.2%)、.tickets(1.4%)など、新gTLDを使用するドメイン名も見られました。その一方で、.ru(2.2%)と.cn(1.6%)を筆頭にccTLDを使用したものもありました。IoCで使用された上位20のTLDは、ほとんどがccTLDと新gTLDでした。

top TLDs of November 2023 IoCs

11月のIoCの脅威タイプ別内訳

WhoisXML APIの脅威インテリジェンスを用いて、110万件のIoCを脅威の種類に基づいて分類しました。その結果、ほとんどのIoCはコマンド&コントロール(C&C)サーバーとしてタグ付けされ(95.3%)、2.9%はフィッシングキャンペーン、0.9%はマルウェアの配布に関与していました。約0.8%はその他の形態のサイバー攻撃に関与しており、0.1%は不審な活動に関与していました。脅威の種類別の内訳は下表の通りです。

threat types of November 2023 IoCs

脅威レポート

当社が11月に公開した脅威リサーチ報告の一部を以下にご紹介します。

  • 不正な防弾ホスティングは今も健在:DNS調査から不正な防弾ホスティングサービスプロバイダーに関連するドメイン名を調査し、公開メールアドレス130超、共通のメールアドレスまたはIPアドレスを使用しているドメイン名5,000超を特定しました。
  • BreachForumsドメインのDNS徹底調査当社の脅威リサーチャーであるDancho Danchevが、BreachForumsのメンバーに属すると思われる570超のドメイン名を発見しました。そこで、そのIoCリストをもとに、2023年3月にFBIによって閉鎖されたフォーラムがオンラインに戻ったという報告について調査しました。
  • DNSの徹底調査でBlackNet RATの履歴を追跡当社の研究者がBlackNet RAT IoCのリストを収集し、DNSインテリジェンスを使用して分析しました。この分析の結果、共通のメールアドレスまたはIPアドレスを使用していたドメイン名が5,800超検出されました。

当社の過去の脅威レポートはこちらでご覧になれます。

今回のドメイン登録の分析や他のユースケースのサポートで使用した当社の商品につきましては、こちらまでお気軽にお問い合わせください。

WhoisXML APIを無料でお試しください
はじめる